会社情報土木事業部建築事業部インテリア事業部

会社情報

ニュースリリース

[2015.6.5]
建築事業部「名工会」安全品質パトーロール・名工会定例を実施いたしました。


建築事業部「名工会」の活動の一環として、安全品質パトロールを
当社社員、名工会役員及び登録建築家により実施いたしました。

参加者・パトロール対象現場は下記の通りです。
参加者 8名
椛蛹F工業 代表  大熊英樹
      工事部 大足史郎
      工事部 高橋龍平
      工事部 石井臣宗
      営業部 宇津木剛志
    デザイン室 大橋英俊
名工会    会長 熊谷タイル 熊谷正剛
登録建築家 W.D.A  和田学治

対象現場 8件
品川区 1件  世田谷区 3件
東大和市 1件  西東京市 1件  練馬区 1件  杉並区 1件


朝のミーティングの様子です。
パトロールに先立ち、工事部長の大足より現場状況・特性・近隣環境の説明がありました。

品川区「S様邸」の品質安全パトロール状況です。

「S様邸」は木工事中でした。

外部の足場板が外されたままになっていたり、
ブルーシートがまるめて置かれていたりと散乱していたので、
片付けるよう注意をしました。

階段部分の開口に落下防止の措置が取られていなかったので
早急に対策を取るよう、指示をしました。

世田谷区「K様邸」の品質安全パトロール状況です。

「K様邸」も木工事中でした。

現場ルール、注意事項が貼られています。

排水の敷地内処理がしっかりとされていました。

世田谷区「M様邸」の品質安全パトロール状況です。

「M様邸」は基礎工事が終わり足場を架けている途中でした。

土台の上に直に足場材を仮置きしていたので、しっかりと養生を
してから置くよう注意をしました。

世田谷区「M様邸」の品質安全パトロール状況です。

「M様邸」は内装仕上げ工事中でした。

キッチンの上に物が置かれ、
注意事項の貼り紙も見えない状態になっていたので、片付けるよう指示をしました。

仮設看板が隣地側に傾いていました。
危険なので、その場で一時撤去しました。

東大和市「U様邸」の品質安全パトロール状況です。

「U様邸」は内部器具付け、外構工事中でした。

最初はしっかりとされていたはずの養生が取れかかっていたので、
最後まで傷を付けないために、再度徹底するよう指示をしました。

西東京市「N様邸」の品質安全パトロール状況です。

「N様邸」は木工事中でした。

板金工事をしている職人さんもヘルメットをかぶり、
しっかりと安全対策をしていました。

こちらの現場はゴミが落ちていないキレイな現場でした。

練馬区「I様邸」の品質安全パトロール状況です。

「I様邸」も木工事中でした。

道路から玄関への通路にはブルーシートが敷かれ
キレイになっていました。

作業スペースが狭いため、材料がいっぱい置かれ、
乱雑な状況でしたので、整理整頓するよう注意しました。

杉並区「I様邸」の品質安全パトロール状況です。

「I様邸」は断熱材の施工中でした。

工程表がホワイトボードに書かれていたり、
今必要な図面がわかりやすく貼られていました。

アルミの梯子も問題なく取り付けられていました。

安全品質パトロールの状況は以上になります。


その後、パトロール結果の講評も含み、
武蔵野スイングホールスカイルームに於いて、名工会の定例会を実施しました。
前回同様、第一部は名工会員の方々、KAJADESIGNのスタッフ全員で、
今回の安全品質パトロールについての報告、反省、今後のスケジュール確認、引渡し報告等をしました。

第二部は名工会員の中から、今回は大工さんと基礎・外装・外構業者さんと
現場で起きている問題点についての議論がなされました。


[まとめ]

今回は平成26年度最後の安全パトロールでしたので、今年度の中で一番良い現場状況を
期待していましたが、残念ながら皆様に自慢できる内容ではありませんでした。
街中を歩いていて他社様の現場などを見ていると、かなり乱雑な現場もあり、
逆に隅々まで整理整頓された素晴らしい現場もあります。
弊社としては、当然、後者に基準を置き、その中でも一番良い現場を目指さなければなりません。
定例会では今年度の反省点や良かった点などを振り返り、より良い現場環境にするための
改善策などを話し合いました。
このことを、現在工事中の現場はもちろん、来年度の現場に活かせるよう努力していきたいと思います。